2021年7月の運用報告です(新興国株式を追加してみました)

ホーネットです。
暑い日が続き、エアコンのない部屋でブログを書くのが非常に苦痛になってきました。我慢は身体に毒なので、今回はエアコンの効いたリビングからの投稿です。

スポンサーリンク

Summary

2021年7月末時点での投資損益ですが、前月比+8万円(累計+246万円)となりました。
2020年11月頃から一気に含み益が増え始め、気がつけば多少の暴落には余裕で耐えられそうな額になりましたね。

アセットアロケーションはキャッシュが52%と目標の35%にはまだまだ届きません。月々の投資方針を見直した方が良いかと思っていますが、S&P500が最高値を更新している最中、なかなか踏ん切りがつかない状況です。これまで投資対象に入っていなかった新興国株式や海外リート、コモディティの組み入れを考え始めています。

Topics

日本株、J-REIT

あまり日経平均に左右されないマイPFですが、7月度は微減といったところです。ほとんど変化がなく、配当金も入ってきていないので、なんだか寂しいですね。

米国株、米国債券、新興国株式(New)

配当はコカコーラ(KO)とアルトリア(MO)から入りました。今のPFだと7月は少なめです。評価損益は日々上下しているものの、結果微増というこちらも何ともコメントしづらい状況となりました。

なおアセットアロケーションの米国株割合が非常に高かったので、スパイスとして新興国株式を追加してみました。今回追加したのはマレーシアの株式ETF(EWM)です。コロナ禍で何度もロックダウンしているマレーシアですが、このあたりが底だろうと判断して購入しました。分配金がそこそこ高いのも魅力でしたね。吉と出るか凶と出るか分かりませんが、しばらく保有してみようと思います。

その他リスク資産

ガッツリ下がったビットコインが戻ってきており、含み損が解消されてきました。といっても数千円単位の話ですので、資産全体には全く影響はありません。仮想通貨は育ってくれればラッキーくらいの気持ちで気軽に楽しんでいきます。

コメント