2021年4月の運用報告です(一般預かりを整理しました)

ホーネットです。
株高が続く米国市場、日経平均3万円到達から勢いを無くしてしまった日本市場と名案が分かれていますが、個別株中心のマイPFへの影響はどうだったのでしょうか。。。?そんな4月度の運用報告です。

スポンサーリンク

Summary

2021年4月度の全体損益(累計)ですが、前月から1万円ほど下がってしまいました。まあ『ヨコヨコ』ですね。と言ってもプラス200万円オーバーは維持できたので個人的には悪くないと思っています。今後暴落が来たとしても、かなり耐えられるでしょう。

アセットアロケーションは先月とほぼ変わりませんでした。
相変わらず現金比率が高いので、投資ペースをアップしたいと思うのですが、今の株高の状態で投資金額を増やすことはリスキーなので大きく動けず。コツコツと今までのルールで入金するのみとなっています。

Topics

各アセットの詳細です。

日本株,J-REIT

JTのみトータルリーターンがマイナスですが、その他は好調。日本株+J-REITのトータルリターンは約+13万円となっています。

配当金・分配金は森ヒルズから2,319円のみです。1株のみの保有ですが税引後ベースで配当利回り3%超の優良銘柄です。

米国株,米国債券

昨年、一般預かりとなってしまったファイザーとヴィアトリスですが、ようやく整理できました。ヴィアトリスは単純に売却。ファイザーは売却後、翌日特定預かりで再購入しています。一般預かりで売却益が発生したので、今年の確定申告は要注意ですね。

配当金の受け取り実績は下記の通り。日本株からの配当も含めた数字ですが、大部分が米国株からの収入となっています。トータルの受取額がようやく30万円を超えました!!月当たりの金額は順調に右肩上がりですが、まだまだ福利の恩恵は見えてこないですね。。。

その他のリスク資産

仮想通貨は値幅で若干の利益(1,000円程度。。。)を取ることができていますが、まだ投資というより趣味の領域です。
FXもそれなりに利確はしたもののトータルはヨコヨコでした。
一方つみたてNISAは好調!S&P500への積み立てなので、株高の影響をきちんと享受できています。評価損益は30%超え!!世間ではつみたてNISAを利確する動きがあるようですが、私は売りませんよ!

コメント