2020年7月の運用報告です(回復基調?)

3. 増やす - 運用報告

ホーネットです。
世界経済の低迷が続いていますが、ハイテクを中心に株価は回復基調。まだまだ油断はできませんが、バイアンドホールドにとってはただ積み立てるのみ!そんな私の運用状況をご報告します。

Summary

7月度の全体損益は前月比+2万円という結果でした。米国個別株はそこそこ良かったのですが、その他はイマイチ奮わずでした。

アセットアロケーションはこんな感じです。余力は十分!!

Topics

日本株、J-REIT

JT、三井住友FG、ソフトバンク、森ヒルズの状況です。
高配当株は日経平均と連動せず、下落の一途。。。前月比▲3万円という悲惨な結果になりました。特にJTは先日配当維持を決定してくれましたが、7月時点では減配リスク懸念で大きく下がりました。J-REITもトータル損益でプラスは維持できていますが、かなり弱い状況が続いています。

米国株、米国債券

評価額+配当で前月比+2,000ドルという結果でした。そのうち配当は47ドルとあまり多くなかったので、評価額の上昇の部分が大きかったです。

コロナの影響で各社損益状況は厳しいですが、GAFAMの一角であるAppleだけはとんでもない良決算により爆上げが続いています。取得単価170ドル台なのですが、現在400ドル超え。1対4の株式分割も発表されており、まだまだ期待できます。

その他リスク資産

7月末にかけて急激な円高が進行したことにより、新興国債券もFXも軟調です。大きくダメージを受けたというほどではないですが、評価額は前月より下がっています。

ホーネット
ホーネット

なんともコメントしづらい結果になってしまいましたが、まだまだ不安定な相場は続きそうなので、コツコツ資産形成を続けていきます!

コメント