プログラミングスキル習得への道 – Progate編(1)

ホーネットです。
外出自粛中の中、皆さんは家でどのように過ごされていますか?一日中Youtubeを見ていたり、ベッドの中でゴロゴロしていたりしませんか?
外出は自粛しなければいけませんが、自己啓発まで自粛することはありません。家にいる時間を有効活用し、自身のスキルアップに繋げていきましょう!

ということで私はプログラミングスキルの習得を本格的にスタートしました。まだまだ実戦で使えるレベルではありませんが、プログラマーでない私がどう勉強し、どうやって収益に結びつけていくのかというところを、徒然なるままに報告していきたいと思います。

それでは、どうぞ!

なぜプログラミングを勉強するのか

在宅勤務を始めたサラリーマンの方はすでに感じているかも知れませんが、経済環境の変化や働き方の変化により、今まさに様々なものが変化しようとしています。その中で私は特に2つの変化を感じています。

1つ目は収入の減少です。倒産とはいかないまでも間違いなく企業の収益は悪化し、その余波は労働者の賃金を直撃するでしょう。また周りで倒産する企業が出てくれば、不良債権としてこれも企業収益に大きく影響してくると思います。直近で賃金のベースが上がる企業というのはごく少数になることでしょう。

スポンサーリンク

2つ目はテレワーク推進における成果主義への移行です。在宅勤務をされた方は分かりやすいかと思いますが、普段出社している際は成果よりも勤務態度が重視されがちです。一方で在宅は勤務態度が評価できないため、唯一の評価基準である成果主義になります。もちろん出社していても成果は大事ですが、働く側もより成果を意識して働くこととなります。

これら2つは必ずしも悪いことではなく、個人個人がより価値の高い多様な働き方をするきっかけを作ってくれたと感じています。であれば今、私がすべきことはこの変化にいち早く対応することに他なりません。幸いにも私は仕事の中でプログラミング経験が少しありましたので、これを一般的なスキルにまで伸ばし、自分の武器にしたいと考えた次第です。

私のプログラミング習得方法

背景が長くなりましたが、ざっくり「プログラミングを勉強する」と言っても方法は様々です。もっとも良い方法はプログラミングスクールに通うことでしょうが、受講費用が高いですし、何よりも外出自粛の中で通うことはできません。そんな中、私が目をつけたのがWeb上でプログラミングを学べるサイト「Progateです。

スポンサーリンク

ProgateはPC版とスマホアプリ版があり、基本的にスマホアプリ版はPC版の一部という位置付けです。無料で導入部分の体験ができ、そこから先は有料(2020年5月現在では月額1,080円)となります。まずは無料で試してみて、そこから先に進みたいかどうかで決断すれば良いでしょう。なお有料会員になればPC版、スマホアプリ版両方の有料機能が使えますので、重複して費用がかかることはありません。

ちなみに私は圧倒的にPC版がおすすめです。というのもこのサイトの目玉は、自分でコーディングしながらプログラミングを学ぶことだからです。PC版の場合、コードを自分で入力するのですが、スマホアプリ版の場合は出てきた選択肢を並べ替えるだけになります。両方やってみましたが、スマホアプリ版をメインに利用するのはあまりオススメできませんね。

気になった方はProgateの公式サイトを覗いてみてください。

ホーネット
ホーネット

今回はここまで。
次回は私が進めている言語とその順番、そして進捗状況について報告していきます。

コメント