ダイヤの原石ではなかった!?マイPFのワースト3銘柄

3. 増やす - 運用報告

ホーネットです。
前回マイポートフォリオの中から含み益が出ている銘柄TOP3を紹介しましたが、メシウマ好きな方のためにワースト3についても報告したいと思います。

決して悪い企業ではないので、誤解しないように。。。

スポンサーリンク

ワースト1 評価損益▲29%

マイPFで最も含み損の多い銘柄、それはエクソンモービル(XOM)です。エネルギーセクターとして米国内では最大の企業ですが、原油価格の暴落により一気に形勢が悪くなりました。エグい下がり方です。。。

配当利回りは7.8%と高配当で連続増配記録も37年ですが、配当性向が100%を超えてしまい、今後の増配は難しいのではないかと思います。減配の可能性も否定できません。しかしながら世界有数の大企業ですので、その体力には期待したいところです。

ワースト2 評価損益▲17%

次はスリーエム(MMM)です。様々な分野に進出しているのでこの企業の事業を説明するのは非常に難しいですが、安定性と収益性は抜群です!営業利益率は20%程度を維持し続けています。しかしながら利益そのものが前年比で下がっている状況のため、成長生に陰りが出ているという評価をされて株価が下がっているのだと思います。

一方で配当は魅力的。配当利回り4%で連続増配61年という配当貴族です。利益もきちんと出ているので、今後も少しずつでも増配してくれることと期待しています。どこかで株価も持ち直して欲しいものです。

スポンサーリンク

ワースト3 評価損益▲12.5%

さいごのワースト3はアルトリアグループ(MO)になります。日本ではあまり馴染みがない企業ですが、タバコ銘柄です。営業利益率30%超という超高利益体質でしたが近年の規制により直近の利益率は大きく下がっています。健康面を考慮すると今後規制が厳しくなることは容易に想像できるため、株価が上がりにくい銘柄ですが、その一方で株主還元には積極的です。株価が下がったことにより配当利回りはなんと9%弱まで上がってきています。

高配当に目が眩んで飛びついてしまいました。

胸を張ってオススメできる状況ではありませんが、いずれもしっかりした企業であり今後は風向きが変わる可能性もあります。今がバーゲンセールなのか、それとも終わりの始まりなのか、判断は人それぞれです。

参考にするもよし、酒の肴にするもよし、適当に読み流してもらえたらありがたいです。

コメント