2020年に実施した収支改善効果は約100万円!!

ホーネットです。
2020年は投資に限らず、家計改善を積極的に行った年になりました。月単位では少なく見えるコストダウンでも年間に換算すると非常に大きなものとなります。2020年の収支改善内容とその効果についてご報告したいと思います。

スポンサーリンク

通信費の見直し

まず取り掛かったのが王道でもある携帯会社とプランの見直しです。以前記事にもしましたが、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えることで大きく固定費を削減することができました。

切り替え後も特に不自由なく、切り替え前と同じように使えています。通信が遅いとか、通信制限に引っかかったりは全くなかったですね。

家族のプランも見直すことで7,500円/月の削減に成功しています!!年間にするとなんと9万円になります。

スポンサーリンク

生命保険、医療保険の見直し

こちらも王道ですが、大手の生命保険、医療保険を解約し、新たな契約へと変更しました。何が必要で何が不要かというのは人によって違うので、一概に「保険は不要」とは思いませんが、自分の収入、支出、家族構成、ライフプランをきちんと考え、そこに必要な最低限の補償を把握することは非常に重要なことだと思います。

しかしながら、これは簡単なことではないと思います。資産管理を始めたことで、自分の置かれた状況と将来が見えてきたからこそ見直すことができたと感じています。保険の見直しは大切ですが、その前にまずは自分を客観視できるよう収入や支出の管理から始めることをオススメしますよ。

ちなみに保険の見直しによるコストダウンは12,500円/月。年間15万円です!!

とにかく本業を頑張ることによる収入アップ

副業による収入アップ、リスクヘッジも大事ですが、本業も頑張ればそれなりの成果は出てきます。まあこれは自分の努力だけではない部分もありますが、やはり自分の中で軸となる仕事に手を抜くべきではありません。

ちなみに私は今月ありがたい評価をいただき、収入が年間65万円ほどアップしました!

配当金も再投資でしっかり積み上げ

最後が配当収入です。前回記事でも紹介した通り定期的な株購入、配当再投資を続けることで順当に配当収入が増えてきています。2020年は前年比+7.5万円となりました。

収支改善のまとめ

いかがでしたでしょうか?
支出の抑制、収入の増加の両方で、トータル96.5万円/年の収支改善となりました。つまり年間で100万円近く資産を増やせる力がついたということです。しかも生活レベルは何も変わっていません。

2021年も引き続き固定費の削減や収入アップを積極的に行っていきます。今のところ自動車保険の見直しは考えていますが、もう少しネタが欲しいな。。。

コメント