機種変更ついでに格安SIM化(SoftbankからY!mobileへ)

ホーネットです。
お金を貯めるにはまず固定費の削減から!とよく言われますが、その代表的なものが格安SIMへの移行です。しかしながら安いとわかっていても手続きが面倒だったり、今までと勝手が違ったりとなかなか一歩踏み出せない方も多いと思います。私もそんな一人でしたが、スマホの機種変更を機にキャリア(Softbank)から格安SIM(Y!mobile)に変えることにしました。

この記事はソフトバンク(iPhone7)からワイモバイル(iPhone11)への移行手順について事前準備から使い始めるまでを順を追って記載していきます。

事前準備をしよう

現在の契約プランを確認・変更する

キャリアの場合、2年縛りの契約プランになっている方も多いかと思います。ソフトバンクの場合も旧プランだと大体が2年契約です。この場合、更新月以外に解約すると違約金が発生してしまいます。わざわざ違約金なんて払いたくないですよね。

しかしながら2019年9月以降にできた新プランは政府の意向により2年縛りなしのものとなっています。つまり新プランに変更さえすれば、いつでも違約金なしに解約できるようになったのです。2年縛りプランに入っている方は、すぐに新プランに変更してしまいましょう!

契約プランの変更は、”MySoftbank” → “料金プラン変更” から手続きできます。

ホーネット
ホーネット

契約プランはすぐに変更されません。
いつから適用になるかきちんと確認しておきましょう!

キャリアメールの使用をやめる

次に格安SIMへの変更のハードルとも言われるキャリアメールに対する処置です。当然ですがソフトバンクを解約することにより、「〜@softbank.ne.jp」や「〜@i.softbank.jp」といったキャリア特有のメールアドレスは使えなくなります。
ここはGmailやYahooなどのフリーアドレスに変更してしまいましょう。確認事項は大きく次の2つです。

会員登録、ログインなどに使用しているメールアドレスの変更

各種サービスで利用、登録しているメールアドレスにキャリアのアドレスを使っているようでしたら、全て変更してしまいましょう!面倒だと思いますが、ここは地道に頑張っていくしかありません。ついでに記憶から消えているような登録情報はメールアドレスとともに抹消してしまいましょう!身軽になることも格安SIM化には必要です。

知り合いへのメールアドレス変更のお願い

LINEの普及で、もはや通常のSMSやMMSで連絡を取り合っている人も少なくなってきたんじゃないかと思います。過去数ヶ月の利用実績を見て、必要な人にはアドレス変更を伝えておきましょう。友人のメールアドレスと見ると、すでにキャリアメールを卒業している人の多さにも気がつくかもしれませんね。

SIMフリー端末を手に入れる

さて次にワイモバイルで使う端末の準備です。既存のスマホのSIMロックを解除してもらい、そのまま利用するという方法もありますが、私の場合は機種変更を機に格安SIMへの乗り換えをしますので、新規端末を購入します。

ここで端末の購入方法ですが、私はAppleからSIMフリー端末を直接買うことにしました。ワイモバイルではiPhone11は扱っていませんからね。Apple公式ストアで購入すると、なんと翌日に手元に届きました。早すぎる!!
ついでにネットで保護ガラスとケース(トータル1,000円ほど)も購入し、事前準備は完了です。

ちなみに余談ですが、ソフトバンクでiPhone11(128GB)を購入すると95,040円。Appleで同機種のSIMフリー端末を購入すると87,780円でした。SIMフリー端末の方が安いんですね。※2020年1月時点での比較

ホーネット
ホーネット

事前準備が早すぎて、使うことのできないiPhone11をただ眺める日々が続いてしまいました。。。
購入は計画的に!!

スポンサーリンク

Y!mobileと契約しよう

ネットで契約手続きをする

さて、無事に事前準備が完了したらいよいよY!mobileとの契約になります。通常MNPをするには現在の契約会社からMNP予約番号を発行してもらう必要がありますが、ソフトバンクからワイモバイルへの移行の場合は必要ありません。
Y!mobileのネットにアクセスし、以下の手順で契約します。

  1. オンラインストアから「SIMカード」を選択
  2. SIMの種類(iPhone11ならnanoSIM)や契約プランを選択
    ※この際、MySoftbankにログインする必要があります
  3. 個人情報や支払い方法を入力
  4. 購入確定

あとは加入審査やMNP手続きをワイモバイル側がやってくれますので、審査完了、SIMカード到着を待つだけです。

ホーネット
ホーネット

地域差があるかもしれませんが、私の場合は申し込みの2日後に
SIMカードが到着しました

Y!mobileへ移行する

新しいSIMフリーiPhoneへデータを移行する

SIMカードが到着したらいよいよ切り替えを行います。まずは現在使用しているiPhone(iPhone7)のデータを新しいSIMフリー端末(iPhone11)へ移行します。これは非常に簡単!!以下の手順でデータ移行が可能です。

  1. 新旧のiPhoneをそれぞれ電源に繋げ、隣どうしに置く
  2. 新iPhoneの電源を入れ、画面の指示に従ってセットアップを進める
  3. クイックスタートの画面が出たら、旧端末のカメラで新端末の3Dコードを読み取る
    ※Wi-Fi環境必須です
  4. データ転送が終わるまで待つ

これで旧端末での設定情報が新端末に移行されました。細かい設定も必要ですが、これはY!mobileへ移行後に一気にやってしまいましょう。

APN設定をインストールする

APN設定とは簡単にいうとY!mobileにアクセスするための基本情報です。SIMカードに同梱された手順に沿ってダウンロードとインストールをすればOK!Wi-Fi環境を準備して進めましょう。

ホーネット
ホーネット

APN設定ファイルのダウンロードは標準のSafariを使いましょう!
Chromeだと上手くインストールまで進めることができませんでした。。。

Y!mobileにて切り替え(MNP)を実施してもらう

さあ最後の一押しです。
SIMカードを新端末にセットし、切り替えの準備が整ったら切り替え専用ダイヤルに電話します。音声に沿って手続きをすると約1時間後には新端末で通信可能になります。同時に旧端末は圏外になるので、確認しておきましょう。

スポンサーリンク

新端末(iPhone11)での設定、動作確認を行う

ここまでで移行はほぼ完了ですが、今回端末ごと引越しをしているので仕上げを行います。ざっと内容は以下の通りです。

  • FaceIDの設定をする
  • ApplePayの移行をする
  • ソフトバンク固有アドレス(使用不可)の設定を削除する
  • ワイモバイル専用アドレス(@yahoo.ne.jp、@ymobile.ne.jp)の設定をする
  • 各アプリを起動し、ログイン可否を確認する

ここで注意すべきはApplePayの移行ですかね。特にモバイルSuica(エキスプレスカード)は旧端末で設定を削除しないと追加できない仕様なので、注意が必要です。またSuicaの固有ID番号も変わってしまうので、EXアプリなどと連携している場合はそちらの設定も変更しておきましょう。

ちなみにワイモバイルを契約することで新たに2つのアドレスがもらえますが、これは設定だけしておいてメインで使わない方がよいです。今後ワイモバイルから転換しようとした際に大変ですからね。

ここまでが実際に私が体験した移行の手順です。面倒臭そうと感じるかもしれませんが、1つ1つクリアしていけば難しくはありません。1度キャリアを抜ければ身軽にもなりますので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

ホーネット
ホーネット

今のところ、通信速度も含めて快適に使えていますよ♫

コメント