BNDより還付金!これってなに?

3. 増やす - 運用報告

ホーネットです。
今月の米国株からの配当金の入金は終わったと思っていたのですが、突然「外国株式等配当金等のご案内(兼)支払通知書」という案内が届きました。中身を見てみるとBND(バンガード米国トータル債券ETF)から少額の入金が大量に。。。
一体これは何なのか!?調べてみました。

BNDからの贈り物の詳細

まずは今回入金された明細からご報告します。BND(バンガード米国トータル債券ETF)より6/23に12件の入金がありました。各明細は1ドル未満ばかりで、合計すると7.28ドルでした。

支払通知書を見ると、小さく「外国源泉税に対する還付金の支払い」と記載されていました。通常米国株やETFからの配当金は外国税と国内税の二重課税がされますが、このうち外国税の還付ということみたいですね。当然ながらこの還付額に対しての外国源泉徴収額はゼロになっていました。
しかしながら国内源泉徴収の方は還付金に対してもちゃっかり取られていました。世知辛いの世の中です。

贈り物の正体

さてこの贈り物の正体ですが、米国のQII(Qualified Interest Income)という税率調整の制度によるものだそうです。

具体的にいうと、米国外の株主で、支払利息に関連する配当が含まれるファンドやETFで免除対象として指定されているものを保有している場合、還付金が支払われるようです。どうやら債券における配当の中の金利による利息の支払いがこれに該当しているみたいですね。ただし債券ETFを持っていれば全て該当するわけでもないようです。また今回私はSBI証券よりこの還付金をもらいましたが、このあたりの対応は証券会社によっても異なるみたいですね。(他の証券会社で保有していないので自分では未確認です。)

謎の多い制度なので、深く考えるよりも「天からの贈り物」と捉え、再投資の原資とさせていただきます。SBI証券さん、ありがとうございました!

コメント