アセットアロケーションを意識した私の投資戦略

3. 増やす - 投資全般

ホーネットです。
私の投資戦略ですが、アセットアロケーションを意識し3つのフェーズで進めています。投資に正解はなく、それぞれの環境や収入、貯蓄状況によるところが大きいですが「こんな投資の進め方もあるんだな」くらいの感覚で見ていただけたらと思い、紹介することにしました。

それではどうぞ。

フェーズ1:資産の構築

このフェーズでは、私の現在の年齢や資産から最適と思われる目標アセットアロケーションに近づけるべく、リスク資産を増やしていきます。下図が現在私が目標としているアセットアロケーションですが、これは生活防衛費を除いた資産に対しての目標割合を示しています。ここで重要なのがキャッシュの割合です。生活防衛費を除いているのでキャッシュ100%でも良いと思われるかもしれませんが、住居の購入や子どもの教育費など将来に向けた最低限の貯蓄として35%を計上しています。私は決してフルインベストメントはしません。

これに対して現在のアセットアロケーションは下記の通り。まだまだキャッシュ多めですが、一気に投資すると高値掴みのリスクがあるため、一定金額を積み立てることにより2024年までにキャッシュを35%へ近づけるようにしています。

スポンサーリンク

ただしリセッション入りが噂されている現在、今がチャンスとも思っています。数年後にはまた景気回復期に入ることを考えれば、これからの1〜2年でリスク資産を最大化しておいた方が良いと考えており、少し資産形成ペースを早めるつもりです。

フェーズ2:リスク資産のリバランスと戦略的投資

そしてキャッシュ35%を達成した後が本当の投資スタートと考えています。これがフェーズ2です。リスク資産は常に変動しますので、キャッシュポジションとのバランスを調整することはもちろん、リスク資産内でのバランス調整も実施します。現在の目標アセットアロケーションでも日本株、先進国株、先進国債券の割合をざっくり決めていますが、このフェーズでは改めてリスクとリターンの分析をし、最適なアセットアロケーション、ポートフォリオを作成していく予定です。

現在はただ買い増すだけですが、この段階では利確したり、節税のための損出しをしたりと戦略的に動くことも考えています。もちろんベースは配当再投資による複利の最大化ですので、ここから大きく外れることはしませんが。

スポンサーリンク

フェーズ3:出口戦略

最後が出口戦略です。老後2,000万円が必要と言われている通り、公的年金だけで生活できるとは私も思っていません。老後も豊かに生活するためには、積み上げてきたリスク資産の取り崩しも必要になってくるはずです。これがフェーズ3です。

出口戦略については、その時の景気や資産状況、健康状態なども加味する必要があるため今のところはなんとも言えませんが、配当を得ながら少しずつ必要な分だけ、計画的に取り崩すのがベストと考えています。すぐに使う必要のないお金はその時間分働いておいてもらったら良いのです。そして私自身は働きませんwww

いかがでしたでしょうか?
今はまだフェーズ1ですが、早くもフェーズ2への移行が待ちきれなくなってきました。が、ここがぐっと我慢して焦りすぎないようにしたいと思います。どうか暖かい目で見守ってくださいね。

コメント