実践中の投資(投機?)のご紹介

3. 増やす - 投資全般

ホーネットです。
資産運用の一つとして「増やす」ために米国株を中心とした投資をしている私ですが、経験(というか刺激?)のために様々な種類の投資を行っています。中には投機に近いものもありますが、2020年5月現在、どのようなことをやっているのか、ざっくりとした損益状況も含めて紹介していきたいと思います。

株式、ETF

米国株、ETF →

まず初めに私のメインである米国株とETFのご紹介です。私は米国個別株12種+米国債券ETFにドル建てで投資をしています。個別株は評価額がほぼ均等になるよう買い増しをしていますが、銘柄の強弱によって大きく差が出ている状況です。AAPL(アップル)なんかは100ドル代で買ったっきり全く買い増ししていないのですが、未だに評価額はトップを走っています。一方でXOM(エクソンモービル)はかなりの含み損を抱えていますね。今年の初めまでは大部分の銘柄が含み益だったのですが、コロナショックにより大きなダメージを負いました。今はトータル損益プラスとマイナスを行ったりきたりという状況です。

米国債券ETFはBNDのみです。値動きは少ないものの毎月分配金が得られる、価格変動が少ないという部分が魅力で始めました。大きく儲かることはなさそうですが、非常に安定した銘柄です。

スポンサーリンク

日本株、J-REIT ↓

次に日本人であれば完全に避けることは難しい日本株とJ-REIT(日本の不動産ETF)です。まず日本株についてはずっと含み損です。含み益になったことあったかな?というくらいの状況です。米国株よりも投資金額は抑えているため、現在3銘柄だけの保有ですが、とにかく下がります。高配当に目が眩んで購入した私への罰なのでしょう。ちなみに銘柄はJT,三井住友FG,ソフトバンクの3つです。どれだけヤバイ状況かが気になる方はチャートを見てみてください。まあひと目見てわかりますw

J-REITの方はコロナショック前までは好調でした。高配当+値上がりという感じで円建て資産を支えてくれていたのですが、最近は低調。。。まあ仕方ない部分もありますけどね。保有しているのは森ヒルズ。皆さんもご存知の六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズを扱っている銘柄です。

投資信託

外貨建てMMF ↓↓↓

こちらはトルコリラ建てMMFと南アフリカランド建てMMFを所有しています。MMFは国債を中心とした外貨建ての投資信託です。一見すると安定重視の投資信託に見えますが、外貨は常に為替リスクが付き纏います。それが新興国通貨となれば尚更です。詳細な状況は最近記事にしていますが、とにかく通貨安がヒドイです。高配当につられて安易な選択はしないようにしましょう。

つみたてNISA →

さて話がだんだん投機寄りになってしまいましたが、つみたてNISAの話に移ります。つみたてNISAは年40万円まで投資信託(国が厳選したものに限る)による利益が非課税になる制度ですが、私はeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を月3万円分購入しています。現在の評価額は少しマイナスですが、気になるほどではありません。非課税期間は20年あるのでこちらは放置であまり気にしていませんね。正直まだうまく評価はできません。

スポンサーリンク

ポイント投資 →

ポイント投資といえば、楽天証券やネオモバが有名だと思いますが、私はSBI証券のサービスであるTポイントでの投資信託投資をやっています。Tポイントなのにネオモバにしないのは、貯まるポイントが少ないことと口座を増やすと面倒だからという理由です。
毎週500pt分という少額ですが、塵も積もれば山となるようで、すでに投資額は2万円を超えました。購入しているのはeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)で、正直S&P500とあまり値動きは変わりません。こちらも少し含み損というところですね。

定期預金 ↑

利回りの全く期待できない定期預金なんかやってるの!?と思われるでしょうが、こちらには元本が減ってはいけない資金である「生活防衛資金」を預けています。また長期だと意味を成さないため、2週間定期です。始めてから約2年経ちますが、ようやく+1,000円くらいになりましたね。普通預金よりはマシくらいに考えています。

その他(投機?)

FX ↑

たびたびブログでも紹介していますが、5万円の元手+日本株を証拠金として預けることでFX取引をやっています。リスクが大きいので低レバレッジでコツコツやっているのですが、5万円くらいプラスにはなりましたね。手法は割と尖っていて、ドル円ロング縛りでやっています。今はスワップポイントも入らないので意味がないように感じますが、自分の信念を貫き、将来ドヤりたい一心で頑張っています。

仮想通貨 →

今年から始めたのですが、ビットコインだけの取引で一応若干プラスです。ボラリティは大きめですが、値動きは素直な感じはします。ファンダメンタルはよくわからない(というか通用しない?)ので、テクニカル分析だけで進めていますね。ただ仮想通貨はまだ投資として認めれられていないせいか税制上雑所得となり、分離課税は適用されません。まだ仮想通貨取引を始めたばかりなので確定申告はしたことがありませんが、申告漏れがないよう全ての取引は記録するようにしています。税金大事です。

ホーネット
ホーネット

やりすぎかな?とも思いますが、これからもしっかり資産管理し、経験に基づいた生の情報を発信していきます!

コメント