2020年4月末のアセット状況について(キャッシュ比率高い。。。)

ホーネットです。
今回は私の4月末時点でのアセットアロケーションの報告になります。2019年から5年かけて目標アセットアロケーションを完成させる予定ですが、直近の暴落で予定と外れたところもあるので、その状況と今後の方針についてです。

なお2020年初めに分析した記事は下記を参照ください。

2020年4月末のアセット状況

さて早速ですが、今のアセット状況は以下の通り。(少しグラフのデザインを変えましたw)
年初から4ヶ月が経過しましたが、肝心のキャッシュ比率はまさかの66.8%→65.8%(マイナス1ポイント)とほぼ変化していません。これは株の評価額がガッツリ減ったことに起因するものです。目標(2024年までにキャッシュ比率35%)が遠くなってしまいました。。。

今後の投資方針

現状のキャッシュを考える限り、もう少し投資に回しても全然問題なさそうですので、もっと柔軟に対応していこうと思います。

具体的には、大きく株価が下がった月は、通常月よりも投資金額を増やす。さらに債券ETF購入を見送り、これも個別株の購入に転換する。というものにしようと思います。
明確な暴落の基準は今の段階では設けませんが、10%以上の含み損を目安にしたいなというところです。

ホーネット
ホーネット

投資は余裕資金で運用!これが大前提です。
私のアセットアロケーションは生活防衛資金を除外したものなので、皆さんはくれぐれも無理のない範囲で実施してくださいね。

コメント