アセットアロケーションから2020年の投資方針を決定します

3. 増やす - 投資全般

ホーネットです。
2019年1月に目標アセットアロケーションを決めて、1年が経過しました。目標への到達は5年(あと4年)の予定ですが、各アセットごとに資産額の変動もありますので、改めて現状と目標との差異を明確にし、2020年の投資方針を立てていきたいと思います。

目標アセットアロケーションと現状の姿

2019年に立てた目標アセットアロケーションはこちら↓↓↓

ざっくり抜粋すると、2024年までに日本株7%、米国株45%、米国債券11%、キャッシュ35%を目指しています。
これに対して2020年1月現在のアセットは以下の通り。まだまだキャッシュが多めです。

これを元に今回は2020年の投資ルールを決めていきます。

2020年 投資方針

株式(日本)

この1年間で日本株の比率は3.1%→3.5%(+0.4ポイント)となりました。2019年の日経平均は上昇しましたが、私の日本株ポートフォリオはイマイチ。。。このままだと目標比率到達は難しいため、現在の年2回から年3回の買い付けに変更したいと思います。

またポートフォリも現在3銘柄ですが、JT(2914)が単元株である100株に達しましたので、新たな高配当銘柄の購入も検討していきます。まだ銘柄候補は秘密ですw

スポンサーリンク

株式(先進国)

全世界株式の投資信託もあるためカテゴリーは先進国株式としていますが、主には米国個別株です。こちらはこの1年間で14.5%→23.2%(+8.7ポイント)です。2019年は株価が大きく飛躍したので比率が高くなっていますが、今後の市況がどうなるかはわからないので、とりあえず2020年は現状据え置き(毎月購入)を続けていきます。

なお以前にも少し触れましたが、2020年はMOの買い付けを新たに開始し、合計12種の米国個別株で運用するつもりです。

債券(先進国)

バンガード米国トータル債券ETF(BND)のつみたてですが、2ヶ月に1回の買い付けで0%→4.6%(+4.6ポイント)となりました。目標11%ですので、ちょっとオーバー気味です。SBI証券で最低購入手数料が撤廃されたので、2020年は買い付けタイミングは維持しつつ、1回あたりの買い付け金額を少し下げようかと思います。金額を下げた分は日本株に当てるつもりです。

キャッシュ

さいごにキャッシュですが、この1年で80%→66.8%(▲13.2ポイント)となりました。目標まであと31.8ポイント下げる必要がありますが、資産運用を意識して生活しているとキャッシュリッチになってくるので、投資に回す金額は2019年よりも若干増やす程度にしたいと思います。

コメント

  1. […] アセットアロケーションから2020年の投資方針を決定しますホーネットです… […]