「記録する」家計簿から「管理する」家計簿へ

家計管理

ほーねっと@honelogです。
資産運用の第一歩は収入と支出を「把握すること」から始まります。要するに家計簿の記録ですね。しかしながら家計簿はただ記録だけしても仕方がありません。そこから改善につながるネタが発見できなければ、ただの自己満足で終わってしまいます。どうすれば改善につながる家計簿が作成できるのか、この記事ではただ記録するだけの家計簿から一歩進んだ「管理する」家計簿にするための方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

家計簿作成ツールを選択する

まず家計簿作成にあたり、どのようなツールを使用するかを決める必要があります。家計簿がただの記録にならないようにするためには、家計簿を作成する手間を極力省き、できるだけ家計分析に時間を使いたいですよね。

私は非常に飽き性で、コツコツ継続することが苦手な人間ですので、これまで多くの家計簿ソフトで挫折してきた経験があります。お金を使っても、「後で記録しよう」と思って忘れるの繰り返し。。。もちろん記録するだけで見返すことはありません。こんな状態では家計簿とは言えませんよね。

しかしながらこんな私でも続けられる家計簿ソフトがありました。それが「マネーフォワードME」です。マネーフォワードMEでは紐づけられた口座やクレジットカード、電子マネー等の収入や支出が自動記録されるので、操作はカテゴリの修正や、現金支出に限られます。現金支出もレシートをカメラで撮影するだけでほぼ完了するので、手間には感じません。

証券口座や確定拠出年金口座も連携できるので、今の資産状況も一目瞭然ですし、マメな方なら予算設定も活用すれば、予算対比も可能です。マネーフォワードMEは無料で使用することができますが、口座連携数が10件までだったり、各種レポートの機能制限があったりするので、私はプレミアム会員でフル機能を活用しています。プレミアム会員の費用が気になる方は、「マネーフォワードでんき」の特典であるプレミアム会員費ゼロを利用するのもアリです。

「管理する」家計簿のためにカテゴリを決める

さて、ここから本題の「管理する」家計簿をどのように作成すればよいかについて触れていきます。家計簿は収入と支出を把握し、そこから損益を改善するためのアイデアを出すというのが本来の目的です。逆に言うと、何を改善すれば良いかが見えなければ意味がありません。

ここではどのような考え方で費用を分類すれば良いか、そしてそのために私自身がマネーフォワードMEを使ってどのように管理しているかをご紹介していきます。なお管理する項目はシンプルにした方が改善に取り組みやすくなりますので、あまり細分化しすぎないことをオススメします。

なおここに記載しないカテゴリの費用もありますが、それらは記録はするだけで管理はしていません。全てを管理せずとも大きなところを押さえておけば十分なパフォーマンスは発揮できますので、几帳面になりすぎないよう、続けることだけを意識しましょう。

なお記載したカテゴリの中にはマネーフォワードMEにデフォルトで準備されていない小カテゴリも記載しています。小カテゴリは自由に設定できますので、自身がわかりやすい名称で設定してみてください。

減らしても満足度は変わらない、固定費

まずは固定費。これは年間、もしくは月々にほぼ固定でかかる電気代やスマホ費用などを指します。固定費は、「減らしても満足度が大きく変わらない」という特徴があり、必要最低限の水準さえ確保することができればOK。できる限り安い選択をした方が良い項目です。今はネット完結であれば、同じサービスや補償でも割安になるものが多いので、面倒くさがらずにサービスを比較し、自分にあった安いものを選びましょう。

カテゴリ説明
趣味・娯楽 > サブスクデータ保存用のストレージや、ブログ管理費用。
なお動画視聴など自己満足のための費用は娯楽費として除外。
水道・光熱費水道、ガス、電気といった住居に関する費用。
自由化によって事業社を選べる時代に。
通信費スマホやインターネット接続に関する費用。
必要な通信量に応じたプランであれば、格安スマホでもOK。
保険生命保険や医療保険の掛け金。
自身の貯蓄やライフスタイルにあったものを選択すべし。
自動車 > 保険・税金自動車保険や自動車税。
ネット保険や軽自動車にすることによって削減可能。
自動車 > 駐車場駐車場の賃貸費用。便利さとコストのバランスが大事。

今を楽しむための、浪費

浪費は、「自分へのご褒美」とも言える費用です。自分が満足するための費用は決して無駄なものではありませんが、使いすぎには注意。身の丈にあった支出を心がける必要があります。浪費は悪と思われがちですが、お金は楽しむために使うものですのできちんと管理した上で使っていきましょう。

カテゴリ説明
食費 > 外食基本は自宅で自炊。宅配ピザなども外食としてカウントしています。
家族が満足するための費用で、ただの自己満足は娯楽に仕分けしています。
趣味・娯楽 > 娯楽コンビニスイーツやお酒代など、その場限りの自己満足に使うお金です。

自分を成長させるための、自己投資

お金の最も有効な使い方、それは自分自身を育てるための自己投資です。自分のための投資というと娯楽費と混同してしまうかもしれませんが、ここでは「自分の知識や健康を向上させる目的のもの」という理解をしてください。自己投資は予算の範囲内で使い切るくらいの気持ちで、バンバン消費しましょう!

カテゴリ説明
趣味・娯楽 > スポーツ健康第一!
適度に身体を動かして、健康を維持することも自己投資の1つです。
趣味・娯楽 > 趣味あなたが好きなこと、得意なことを伸ばす費用です。
趣味はあなたの個性であり、これを磨けばお金を稼ぐことも可能です。
(私の場合は「プログラミング学習」がメインです。)

無駄のない範囲でやりくりしたい、必要経費

支出の最後は必要経費です。ここが最もメインの支出ですが、これを削りすぎると幸福度が下がってしまう可能性がありますので、あまり無理して削減しない方が良いでしょう。ただし必要経費といえども高すぎると浪費ですので、注意ください。

マネーフォワードMEでは「家計診断」という機能があり、理想の家計との比較がカテゴリごとにできます。毎度チェックする必要はありませんが、一般的な支出額というのは常に頭に入れておきましょう。

カテゴリ説明
食費 > 食費スーパーで購入する食材がメインですが、私は子どものおやつなどもここに入れています。
生活の中で何が必要で、何が贅沢かは人それぞれです。
飲食に関する必要な費用はこのカテゴリにまとめておきましょう。
日用品生活に必要な洗剤やトイレットペーパーなどの日用品です。
消耗品という捉え方でも良いかもしれません。
教養・教育子どもにかける教育費です。ここはケチりたくないですね。
健康・医療病院代、薬代です。
健康を維持するためにも気になるところはしっかりケアしておきましょう。
衣服・美容ブランドものの服は娯楽に近いですが、衣服や美容室代は必要経費です。
清潔感を大事にしていきましょう。
交際費人との繋がりは大事です。
私はほとんど交際費のない人間ですが、人のためにお金を使える人間になりたいですね。
自動車 > 経費ガソリン代や洗車代です。自動車の食費や美容代といったところでしょうか。
車社会であれば、必須の経費です。

忘れてはいけない最も大事な、収入

ここまで支出の分類について説明してきましたが、収入についても忘れてはいけません。

カテゴリ説明
給与本業の給与収入です。安定かつ最も大きな収入ですね。
事業・副業ネット副業や不用品販売による収入です。
投資株式やFXによる配当収入や譲渡損益です。
マイナスになってしまうこともあります。
その他入金主に補助金です。貰えるものはしっかり貰っておく主義です。

予算を決めて、それを上回る収支を目指す

家計簿ソフトを決め、管理項目を決め、家計簿をつける。一見しっかりとした家計管理ができているように見えますが、ここで満足してはいけません。あくまで家計簿は管理のための「手段」や「データ」であり、これをどう活用し収益向上に結びつけていくかが重要です。

家計のデータが溜まったら、年間の収入と支出を予算化してみましょう。予算のカテゴリは上述した「固定費」「浪費」「自己投資」「必要経費」「収入」が分類できるようになっていればOKです。自動車税のように月が決まっている支出も漏れないようにしておきましょう。また予算は高い目標値ではなく、無理せずできる範囲で記載すると良いです。無理のない予算であれば、現実的なものとして捉えることができますので、予算が達成しやすくなります。

次に予算が決まったら、毎月予算と結果を比較し、チェックしておきましょう。予算はあくまで年間のものなので、月々の変動を気にしすぎる必要はありません。予算を超えてしまった場合、翌月以降で取り返せばいいだけです。それでも日々予算を超えないよう管理したい場合はマネーフォワードMEの予算管理機能を使ってみてください。カテゴリごとに予算設定でき、使いすぎた場合はアラートでお知らせしてくれます。

さて予算とそれに対する実績が見えてきたら、ここからは具体的にどのように収支改善していくかをアドバイスします。家族構成や家計状況によって家計は様々ですが、概ね下記の流れで改善していくと無理なくお金を貯めることができるでしょう。私自身この方法で年間50万円以上の収支アップを実現することができました。是非1つ1つ目を通してみてください。

きちんと選ぶことで、固定費は安くできる!

まず一番大事なのは固定費の削減です。固定費とは毎月ほぼ固定で支出されるものであり、携帯代や光熱費、保険料などが代表的です。固定費の大きな特徴としては以下が挙げられます。

  • 価格レベルを下げても生活の満足度はさほど下がらない。
  • 人に言われるがまま契約するものは高い。
  • 知っているだけで安くできる。

要するに自分で調べて、自分に合った選択をすれば安くできるし、安いからといって悪いものではないということです。私自身、スマホをソフトバンクからワイモバイルへ変更し、プランを最適化するだけで年間13万円もの節約を達成しています。もちろん通信量が不足することはありませんし、サービスにも満足しています。また自動車保険や医療保険の選択も非常に重要です。勧誘されるがままに契約し、よくわからない高額な保険料を払っていませんか?保険そのものは生活にとって大切なものですが、必要以上の補償は逆に生活を圧迫してしまいます。今はネットで手続きするだけで安くなりますし、自分の資産や収支を把握しておけば補償も最低限にすることができます。きちんと管理できれば私のように保険で年間23万円の節約も可能です。固定費の節約は「知っているかどうか」が最大の武器になりますので、まずはここから見直してみてください。光熱費も事業者を選べる時代になりましたので、色々と調べてみることをお勧めします。私はマネーフォワードでんきに加入し、マネーフォワードMEのプレミアムプランを無料で使っています。これだけでも結構大きいですよ。

浪費は無駄じゃない!けど、予算内で収めること

次に浪費を見直してみましょう。浪費と聞くと「無駄遣い」を連想する方が多いと思いますが、決して浪費そのものは無駄なものではありません。全く浪費のない生活は節約としては合格かもしれませんが、我慢が伴いますよね。我慢はストレスになってしまい、幸福度を下げます。人生の満足度を高める上で適度な浪費は必要不可欠なものなのです。一方で過度な浪費は無駄遣いに他なりません。では「適度な浪費」と「過度な浪費」はどのように区切れば良いのでしょうか?この基準を決めるためのデータが家計簿になります。自身の収支から出費しても問題ない金額を算出し、その範囲内でしっかり遊びましょう。

自己投資は積極的に。予算額を使い切るつもりで!

自己投資とは「自身の知識やスキルを高めることができ、将来の収入増に繋がるもの」であり、浪費とは切り分けて考えます。例えば勉強するための本を買ったり、スクールに通ったりですね。さらに言えばスポーツやウォーキングも自己投資です。健康を維持することで将来必ずプラスになりますからね。この自己投資資金はきっちり予算化し、それを使い切るつもりの方が良いですが1つ注意点があります。それは「学ぶだけで終わらないこと」です。後述しますが、自己投資はあくまで基盤づくりですので、その目的は学ぶことではなく、学んだことを活かして稼ぐことです。学んだだけで満足しないようにしましょう。

自分の得意を見つけるため、副業にも積極的にチャレンジ!

さてここまでは支出についてばかり触れましたが、支出を管理することと同様に収入を増やすことも重要です。例え節約が行き詰まっていても、ガッツリ稼げば問題ないのです。家計簿をつけていると分かりますが、特にサラリーマンの場合、月々の支出は大きく変動するものの収入は一定で波がありません。自ずと支出にばかり目がいき、収入はコントロールできないものとして見てしまいがちです。しかし今はサラリーマンでもインターネットを通じて副業ができる環境が整っています。自己投資で培ったスキルを試してみる場がたくさんあります。最初は少しの金額かもしれませんが、是非収入増にチャレンジし、収入が右肩上がりの家計簿を作り上げてください。

余ったお金は計画的に運用。お金自身を働かせて不労所得をゲット!

最後に余ったお金をどうするかについて触れます。余ったお金は貯金に回している方が多いと思いますが、お金を働かせればお金を生んでくれるということをご存知でしょうか?これはお金で株式を購入すれば、そこから配当金(不労所得)が得られるということを指します。もちろんリスクもありますがしっかりと勉強し、長期投資をすれば損をする確率は下げられます。マネーフォワードMEでは証券口座とも紐付けができ、損益の確認も可能です。日々変動する資産だからこそ、しっかり家計簿と連動させて資産状況を把握できるようにしておきましょう。

まとめ

「管理する」家計簿を作るためには、以下の手順が必要であり、この具体的な方法を紹介しました。

  1. 家計簿ソフトを選定する。
  2. 管理するためのカテゴリ分けを行う。
  3. 各カテゴリの予算を作る。
  4. カテゴリに応じて節約や予算枠の使い切りなど、家計を運用・改善する。

一見大変そうなプロセスではありますが、マネーフォワードMEならほとんど手間をかけることなくこれらを実施できます。必要な操作は支出のカテゴリ分けと、現金支出のインプットくらいです。(電子マネー派な私は現金支出はほとんどありません。)家計簿に割く手間が少なくなれば、その分家計改善を考える時間が増えますし、何より「続ける」ことができます。家計簿は続ければ続けるほど有用なデータとなってきますので、最新のツールを活用して豊かな生活を目指していきましょう。

コメント