2019年2月の米国配当金が一通り入金されました

ホーネットです。
先月(2019年1月)は米国株からの配当ゼロという結果でしたが、2月は過去最高金額となりました。右肩上がりの配当収入を見るのは非常に嬉しいですね。

2019年2月の米国配当収入

税引後の配当収入はトータルで45.25ドルでした。2018年12月に記録した39.86ドルを上回り、過去最高額となりました。

なお今回初配当となったのは、JPモルガンチェース(JPM)と、バンガード米国トータル債券ETF(BND)です。JPモルガンチェースは2018年11月に初購入し、その後買い増しまでしたのですが、タイミングが悪くようやく配当が得られた形です。(ちなみに買い増しした分の配当は今回反映されていません。。。やはりタイミングが悪い。。。)

ちなみにもっとも貢献度が高かったのはAT&T(T)で21.32ドルでした。株価自体は右肩下がりですが、そのマイナスを補填できるほどの高配当銘柄です。私が最初に購入した銘柄でもあります。

セクター分散しながら、各セクターの大型優良配当銘柄に投資するのが私のスタイルですが、今のところ自分のスタイルに間違いはなかったし、今後も自信を持って続けていけると感じています。強いて不満があるとすれば、自分の入金力(稼ぐ力)が低いことでしょうか。。。しかしながらサラリーマンが一気に収入を伸ばすというのは難しいので、節約もしながらコツコツ頑張っていこうと思います。そうすればいつか、「複利の力」というものを感じるときがくるはずです。

コメント