マイ米国株PFを分析して比べてみました(投資開始から17ヶ月)

ホーネットです。
自分の投資方針が正しいのか、皆さん気になるところだと思います。私は年初に決めたルールに従って愚直に積み立てているだけですが、果たしてどの程度のパフォーマンスになっているのか、今回はそれを分析してみます。

マイポートフォリオ 

投資開始から17ヶ月が経過した私の米国株(ETF含む)ポートフォリオは以下の通りです。

ティッカー株数平均取得単価
AAPL11$176.52
CAT17$135.61
JNJ17$131.55
JPM19$107.51
KO42$48.99
MMM14$191.07
PFE60$41.55
PG22$97.44
SO33$47.93
T59$31.43
XOM34$75.40
BND63$81.67

配当再投資をしているので、本来の投資元本が分かりづらいのですが、以下でざっくり求めることができます。約300万円ってところですね。

投資元本=現在評価額−評価損益−累計配当収入
    =31,659−2,619−485
    =28,555ドル

投資リターンを分析

現在の評価額と投資元本から計算した累計リターンは9.17%。年間平均リターンは6.47%となりました!
ちなみに各インデックスの直近1年のリターンは以下のとおり。(2019年9月末のものです。配当込みだったり抜きだったりするので、正確な比較ではありません。)

  • ダウ平均 +1.7%
  • S&P500 +4.3%
  • 日経平均 −9.8%
  • TOPIX −10.4%

10月は結構株高になったので上記との単純比較はできませんが、そこそこいいパフォーマンスなのではないかと思います。

スポンサーリンク

配当利回りを分析

現在の年間配当見込みは約1,000ドル(税引き前)、投資元本から見た配当利回りは3.51%となっております。
外国所得税の約10%と、国内税約20%を考慮すると、手取りの配当利回りは2.53%。まだまだ低いですね。しかしながらこれは2つの要素で上がっていく予定です。

  1. 企業による増配。私のPFは今後も増配をしてくれるであろう企業ばかりです。
  2. 配当再投資で取得した株式(投資元本ゼロの株式)。配当で購入した株が増えるほど、配当利回りは上がっていきます!

まとめ

年平均リターン6.47%、税引き前配当利回り3.51%という結果でした。

年平均リターンは現状維持、配当利回りは5%を取り急ぎの目標としたいです。そのために現状のポートフォリオ を維持しつつ、配当再投資を続けていきます。
今後この数字がどのように変わっていくか、これからもウォッチしていきますね。

コメント