定年延長、役職定年に対する考え方に賛同できなかった瞬間

ホーネットです。

年金支給年齢の引き上げや働き方改革により、近年サラリーマンが働く環境が大きく変わってきています。代表的なところでいうと、定年延長や役職定年です。多くの企業で採用されている制度ですが、これらをメリットと捉えるか、デメリットと捉えるかは人によって大きく違うということを上司との会話の中で実感したのでご紹介していきたいと思います。

定年延長は有難い制度?

まず定年延長ですが、現在は60〜65歳定年で、その後5年くらい再雇用で働くといった形態が一般的に普及していると思います。しかしながら再雇用では給料が極端に下がるため、これに不満を持っている方も少なくありません。定年前と大きく仕事が変わってないのに、なぜ安い給料で働かなければならないのか、と。一方で定年が延長されると再雇用ほど極端な給料の下落はないので、それなりの安定した収入が続くことになります。再雇用前提で考えている方は、定年延長を喜ばしいこと。として捉えていますね。

しかし私はこれに違和感。定年というサラリーマンにとっての一つのゴールを先延ばしにされると、まるで今後永遠の労働生活が待っているかのように感じます。また高齢でそれなりの給与を貰っている社員が多くなると、会社の間接費の増大にも繋がります。生産性が低いと言われる日本企業でこれは痛い!申し訳ないですが、定年延長は勘弁してもらいたいです。

スポンサーリンク

役職定年で役なし管理職増加!

つぎに役職定年ですが、これは課長や部長という役職に対して定年を設ける制度です。ポストの数は限られているので、一定のローテーションを促し、組織を活性化させる目的で採用されています。しかしながら一方で役職を下りた元課長、元部長の処遇が非常に難しい!元上司が部下になるなんてことも起こり得ます。役職定年した当事者にとっては役職手当もなくなるし、仕事がしづらくなるようですね。

けど、非管理職の若い世代から見ると、一定の期間で新しい風を強制的に吹き込ませるのは大事だと思います。あとは役職定年後の処遇をもう少しきちんと考えてもらえれば…

まとめ

再雇用にしても、役職定年にしても、当事者(もしくはそれに近い世代)にとって一番痛いのは収入減であるようです。昔は60歳定年で、再雇用もなかったと思うのですが、そんなに貯蓄がないのかな??

老後ばかり心配しても仕方ないですが、金融リテラシーを高め、きちんと資産を構築すれば、そんなことで一喜一憂する必要もなくなります。私は節約と投資で、60歳以降働かなくてよい生活を目指しますよ!!

定年退職したら、妻とクルーズ旅行に行きたいな。

コメント