【運用報告】2018年10月度

ホーネットです。

少し遅くなりましたが、今回は2018年10月度の運用実績についてご報告したいと思います。

市場環境について

米中貿易摩擦が懸念される中、日米ともに決算報告ラッシュでした。全体的に決算内容はよかったものの、今後の予測においてネガティブと捉えられる発表をした銘柄は大きく値を下げています。株価は企業の将来の価値を織り込んで成り立っているということを再認識させられました。

特に値下がりが大きかったのは、これまで市場を牽引していたハイテク銘柄。成長の鈍化を嫌忌した投資家が投げ打ったものと思います。一方でディフェンシブ銘柄は底堅さをアピールし、市場環境に左右されることなく株価を下支えしてくれました。

ホーネットの運用成績について

Summary

継続的な入金でなんとか総資産は前月比若干プラスであったものの、投資損益は前月比▲49,180円となりました。一方で確定損益(キャピタルゲイン+インカムゲイン)は+15,190円だったので、保有株の評価益ががっつり減った形になっています。

主な要因は米国株の含み益の減少ですが、悲観的にはなっていません。もともと売るつもりのない株の含み益が減少した(含み損にはなっていません!)だけですので、次回買い増しの際に安く仕入れられる可能性が高くなっただけと感じています。

米国株

インカムゲインはコカコーラより6.48ドル得ただけでした。。。ちょっと寂しい。。。しかしながら累計インカムゲインは40.28ドルと、確実に積み上がっています。近い将来、インカムゲインが評価損益よりも大きくなり、優越感に浸れる日を楽しみにしています。

なお10月度は私の予定ポートフォリオ11種のうち、10種目となるJPモルガンチェース(JPM)を約1,000ドル購入しました。早速含み損状態になっていますが、目先の株価なんて気にせず、長い目で見ていきたいと思います。

日本株

クラレ(3405)を100株売却しました。キャピタルゲイン目的で保有していたのですが、うまく高値で売り抜けることができました。+7,995円(税引後)のキャピタルゲインをゲットです。これでクラレの保有株数はゼロになってしまいましたが、200株で総額+15,026円のキャピタルゲインとインカムゲインを稼ぎ出せたので、非常に満足しています。また機会があれば購入しますよ!!

次にJ-REITである森ヒルズ(3234)から2,195円(税引後)の分配金をいただきました。配当利回りは1.58%ですが、半期ごとに分配金が支払われるため、年間利回りは3%を超える予定です。

なお日本株の比率はあまり高めたくはないのですが、株価が下がって配当利回りが全体的に上がったため、我慢できずに月末に三井住友フィナンシャルグループ(8316)を約10万円分購入しました。こちらはインカムゲイン前提での保有ですので、少しずつ買い増していきます。

FX

ちょこちょこと低レバレッジ投資を続けており、前月比+4,272円となりました。一時は大きなマイナスで苦しんでいたFXですが、投資手法を堅実な方法へと見直し、コツコツと利益を重ねることができました。ちなみに10月度は16回取引をしてプラス16回、マイナス0回という奇跡的な数字を叩き出しています。

まだまだ投資手法の確立とまでは言えませんが、実績が積み上がってきたら、細かい手法も公開していきたいと思います。

今後の投資方針について

日米ともに株価の下落により、評価損益に大きな痛手は受けたものの、キャピタルゲイン目的の投資対象は少ないので、精神的ダメージは少ないです。11月度はこのリバウンドが期待されますが、米中間選挙もあるので、なんとも言えません。。。

しかし市場環境を気にしすぎると何もできなくなってしまいますので、11月度は米国株ポートフォリオ11種の完成と、FX月間収支プラスを目標に余力を残しながらトレードする予定です。

コメント