【運用報告】2018年9月度

ホーネットです。

初回となりますが、2018年9月度の振り返りと運用報告をカテゴリ別に報告していきます。

米国株の運用状況

9月度はサザン(SO)を23株購入し、目標ポートフォリオ構築にまた1歩近づきました。目標は11銘柄なので、あと2つです。

損益ですが、地合いが良かったことが影響し、保有銘柄すべて含み益となっています。ただし、まだポートフォリオ構築中の身ですので、利確のことは考えていません。

配当金はジョンソンエンドジョンソン(JNJ)、スリーエム(MMM)、エクソンモービル(XOM)から計17.81ドル(税引後)いただきました。評価損益と合わせた累計は624.17ドルのプラスとなっています。累計配当金の部分は今後何があってもマイナスにならないので、グラフ化すると一層安心感が出てきますね。

日本株の運用状況

配当金と分配金で3,550円(税引後)、売却益で4,258円(税引後)。計7,808円の利益でした。

配当金はクラレ(3405)より、分配金はiシェアーズJPX日経400ETF(1364)よりいただいています。9月度はクラレ(3405)を100株と、ETFをすべて売却したので、ポートフォリオがすっきりしています。日本株は今後縮小傾向ですが、完全にゼロにするつもりはないので、米国株と日本株のバランスをどうするか、悩んでいる最中です。

現在はJ-REATである森ヒルズ(3234)と東レ(3402)のみの保有です。

FXの運用状況

現在証拠金が52,537円で、前月末に比べ6,353円のプラスになりました。ようやくFXがプラス圏に浮上です。円安に傾いたのが大きかったですが、何よりもこれまでの負けを反省し、堅実なトレードを心がけたのが大きかったと思っています。

まとめ

米国株、日本株、FXすべてがプラスとなり、日本円換算で前月比95,026円のプラスとなりました。思いがけず大きなプラスとなりましたが、これに慢心せず、来月も堅実な運用を続けていきたいと思います。

コメント