暴落して感じた私のリスク許容度

ホーネットです。

米国株,日本株ともに暴落する日々が続いています。私の場合、ドル円の為替も下がっていますので、トリプルパンチです。こういう状況のときこそ、自分のリスク許容度が表に出て来やすいと思いますが、皆さんはどうですか?

現金比率を高めようと狼狽し、損切りする人。損切りできず、買い増しもできず、ただ状況を見守る人。積極的に買い増しをする人。暴落を受けて投資家のとる行動は様々だと思います。現状どこまで下がるかわからない状況で、これらのスタイルに正解はありません。しかしながらどう感じるかによって、自分の現在の投資におけるリスク許容度は測ることができます。

私は「積極的に買い増ししたい」と感じている人間です。(実際は証券口座への入金ルールを徹底している都合上、すぐに買い増すことはできないのですが。。。)
むしろ投資初期においてこのような暴落が来たことはチャンスと思っています。投資資金がまだまだ少ない段階で暴落が来たということは、今後資金を増やしたところで市場が上向きになっている可能性が高いからです。確かに目の前には含み損の山が見えているのですが、全く気にならないところから、まだまだ私のリスク許容度は高いと言えます。

スポンサーリンク

逆に含み損を目の前にし、日々の値動きが極端に気になり始めたら危険です。その人のリスク許容度を超えてしまっている可能性が高いです。そういった人は一度現金比率を高めるため、ある程度株を売却してしまった方が得策なのかもしれません。特にサラリーマン投資家のような兼業投資家は、(メンタル的に)本業に支障をきたすような状況は避けなければいけません。

もうすぐ新年ですね。一時相場のことは忘れて、楽しい正月を過ごせるくらいの余裕は残しておきましょう!

コメント