資産運用として私がやっていること(稼ぐ、節約する、増やす)

ホーネットです。

当ブログのタイトルでもありますが、資産運用と聞いてどのようなイメージをしますか?資産運用=投資と考えてしまう方も多いのではないでしょうか。不正解ではありませんが、正確にいうと、資産運用の手段の一つとして投資があり、資産運用には他に様々な手段があります。大まかには、「稼ぐ」「節約する」「増やす」の3つに大別されます。

今回は投資も含め、私が現在資産運用として実施していることを紹介していきたいと思います。

「稼ぐ」の実践

本業(サラリーマン)

兼業投資家であれば、これ抜きに話を始めるわけにはいきません。家族を養う上でこれ以上恵まれた職業はないほどです。ブラック企業という言葉ができてから、サラリーマン=社畜みたいなイメージで語られることが多い気がしますが、客観的に見るとサラリーマンというのは以下のようにメリットだらけなのです。

  • 安定した収入(一定の給与が毎月もらえるってすごいことですよ。年休もありますしね。)
  • 社会保険等の優遇制度(実はかなりの部分を会社が負担してくれています。)
  • 充実した福利厚生(寮や社宅など、私生活も補助してくれています。)

もちろん上記のメリットには企業ごとに優劣がありますが、それでも見えないところで手厚い保護は受けているのです。

一方でサラリーマンは収入が大きく上がりにくいと言われていますが、ここからは自分次第だと思います。実際に給与アップに結びつくかどうかはわかりませんが、資格取得などの自己啓発は欠かさないようにしています。

 ブログ運営

当ブログの運営です。アドセンスとアフィリエイトによる収入が期待できます。「稼ぐ」という名目で始めましたが、サーバーのレンタル料などの経費を考慮すると、まだまだ大きく赤字です。更新頻度は高くないですが、続けることを第一にコツコツ積み上げて行くつもりです。諦めたらそこで試合終了ですもんね。

ちなみにブログ運営には、相手に伝えやすい文書を書くスキルが必要です。これって社会人なら誰しもが必要なスキルですよね。このスキルを高めて、本業にも生かしたいと考えています。

スポンサーリンク

「節約する」の実践

 ふるさと納税

制度自体に賛否両論あるみたいですが、私はそんなこと気にしていません。お得な制度はとことん利用するべきだと考えています。しかしながらこの制度って、詳細を知らずにやっていない人が結構いますよね。税制度全般に言えることかもしれませんが、節税するにはまず「知ること」が大事だと常々感じます。

そんな大層なことを言っている私も、始めたのは2018年からで今年で2年目になります。まだ始めていない人は、まず一度、制度の概要を調べてみてください!

電子マネーやポイント活用

まだまだ日本は現金主体の社会ですが、近年PayPayのキャンペーンに代表されるようにキャッシュレス化の流れになってきています。キャッシュレス決済といえば電子マネーやクレジットカードですが、私もSuicaやPayPayを利用し、普段は現金を使わないようにしています。電子マネーを使うことでポイントが貯まりますし、現金を引き出さないことで銀行手数料もかかりません。細かいお金だと思うかもしれませんが、結構これって大事ですよ。また資産運用ソフトと連携することで、支出の管理も容易です。無駄遣いも減りますね。

ポイントに関しても大手のTポイントや楽天ポイント、Pontaポイントはきっちり貯めるようにしています。

スポンサーリンク

 「増やす」の実践

株式

当ブログのメイントピックスですが、現在は米国株(一部日本株)を中心とし、大型優良株への長期投資を実践しています。元々は自分のお小遣いで日本株への短期投資をしていたのですが、自分が一部の天才でないことを実感したので、配当金目的の長期投資を始めました。お小遣いなら大きくリスクを取れますが、家族の資産を預かる身としては堅実さも大事です。

最も堅実な方法はS&P500に連動するETFなどのインデックス投資だと思いますが、私の場合は個別株にこだわっています。理由はまあ、、、退屈な投資は楽しくないからです。

債券

今年から債券も始めました。先進国債券として米国トータル債券ETFを。新興国債券として外貨建てMMFを保有しています。株式に比べてリスクもリターンも低い投資ですが、現金を過剰に眠らせていても仕方ないという判断から始めました。通常の生債券は償還まで数年間あるので流動性が低いですが、ETFやMMF(投資信託)であれば、何かあってもすぐに現金化が可能です。

不動産

不動産への間接投資としてREIT(リート)を保有しています。不動産を対象としたETFみたいなもので、実際に物件を所有しているわけではありません。日本のREITは分配利回りが高いため、長期でのインカムゲイン投資向きです。

なおいろいろと話題に上るマンションオーナー等の不動産投資ですが、私は手を出すつもりはありません。マンション投資の加熱により、都内のマンションは投資目的で購入されたものばかりと聞きますし、人口減少の中で空室リスクは高まり続けると考えているからです。

スポンサーリンク

まとめ

資産運用に正解はありませんが、上記の活動は継続してこそ効果が出るものなので、今後もひたむきに続けるつもりです。しかしながら時代に合わせてトレンドは変わるもの。毎年何か1つくらいは新しいことにもチャレンジしていきたいですね。

コメント