【運用報告】私の米国株ポートフォリオを公開します

ホーネットです。

今日は私の米国株(一部ETF含む)ポートフォリオを公開します!ついに!!

今まで米国株のポートフォリオを公開したことがない!!

米国株ポートフォリオ

20180917ポートフォリオ

どうですか?このキレイな均等割り!!

全て初回購入のままで、買い増ししていないこと。評価額も大きく動いていないことから、今のところ均衡を保っています。

メジャーどころばかりではありますが、私なりの選択理由も含めて次に詳細説明します。

保有銘柄の選択理由について

アップル(AAPL) ※セクター:ハイテク

超有名銘柄ですよね。私はiPhoneで株価をチェックし、Macbook Proでブログを書いてます。根っからのアップル好きです。はっきり言って私情をはさみまくってますが、今後テクノロジーセクターが完全に衰退するということは考えにくいと考えています。もう我々にとっては「生活必需品」といっても過言ではありません。これからも応援していきます。

キャタピラー(CAT) ※セクター:資本財

重機で有名なメーカーです。土木は今後も必要不可欠ですし、だんだんと開発できる場所=難度の高い場所になっていくと思っています。そうなったとき、大型の重機は絶対に重宝されるでしょうから、今後も安定した収益が見込めるのではないでしょうか。目下貿易摩擦の懸念で上値が重い状況ですが、業績は文句なしですので、株価のみならず増配にも期待大です。

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ) ※セクター:ヘルスケア

私は近眼なので、ずっと「ワンデーアキュビューモイスト」を愛用しています。またベビーローションでもお世話になっています。もはや私自身の生活にはなくてはならない企業。大丈夫!まだまだ伸びる!!(と信じたい)。

コカコーラ(KO) ※セクター:生活必需品

コカコーラ、皆さん飲んだことありますよね?コカコーラがなくなるなんて、今まで考えたこともございません。米国のコカコーラとは直接関係ないでしょうが、最近はCOKE-ONでもお世話になっています。2018年8月に購入したばかりなので、まだ配当を頂いたことはないのですが、きっとこの株を手放すことはない気がしています。

スリーエム(MMM) ※セクター:資本財

こちらもオフィス用品など、日本でも有名な企業ですよね。安定した収益性に惹かれ、購入したのですが、ここ最近は貿易摩擦懸念で株価は思わしくありません。けどしっかり配当を継続し、増配さえしてくれればいいんです!他の銘柄に比べ、比較的値動きが激しめですが、目先に惑わされず、しっかりホールドしたいと思います。

プロクター&ギャンブル(PG) ※セクター:生活必需品

日本ではP&Gといったほうが分かりやすいですよね。パンパース、めっちゃ使ってます!P&Gの正式名称を知らなかったので、最初にこの銘柄を見た時、「ギャンブル」=ちょっと危ない銘柄と思ってしまいました。。。ガッチガチのディフェンシブ銘柄なんですけどね。保有理由はジョンソンエンドジョンソンと全く同じです。これがなくなると生活が変わってしまう!!!

・AT&T(T) ※セクター:通信

この銘柄だけはあまり日本で馴染みがないですよね。私も海外旅行に行った時に通信業者として見かけたくらいです。じゃあなぜ保有してるのかって?配当利回りが圧倒的に高いからです!またこの分野は今後衰退してなくなるとも考えにくいので、長期で高い利回りが実現可能と判断し、購入しました。保有配分が小さいのは、単に計算間違ったからです。。。

エクソンモービル(XOM) ※セクター:エネルギー

これも超有名企業ですね。最近はEVなどクリーンエネルギーへシフトしていますが、化石燃料を無くせるかといえば、まだまだそんな時代は遠いと思っています。世界は先進国のような国ばかりではありませんからね。配当利回りも比較的高く、オススメの銘柄です。

ウィズダムツリー米国大型株配当ファンドETF

なぜか1銘柄だけETFを所有していますが、これはマネックス証券で扱っているゼロETFの1つになります。(手数料がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しているものです。)私のお小遣い投資(超少額)で米国株やETFを購入すると、手数料が痛手になってしまうので、このゼロETFを選んだ次第です。このETFは米国の大型株だけ、しかも配当のあるものだけを対象としていますので、上記8銘柄と重複しているものも多いのですが、毎月分配という嬉しい特典が付いています。

まとめと今後の方針

平凡すぎて、あまり参考にならなかったかもしれませんね。。。

まだまだ私の米国株投資は始まったばかり。今後はあと3銘柄ほど追加し、11種の個別株で勝負していくつもりです。今年はポートフォリオの完成が目標。買い増しして配当を本格的に増やしていくのは来年からになりそうです。

短期で取引するつもりはありませんので、焦らず定期的に購入していきます。

コメント