株式投資で儲けを出すために必要なもの3つ

ホーネットです。

株式投資において、儲けを出すために必要なものとは何だと思いますか?

豊富な企業情報でしょうか?それとも確立したトレード手法?人によっては運と答えるかもしれませんね。大成功を成し遂げるにはそれらも必要かもしれませんが、単純に『儲けを出す』ということだけならば以下の3つがあれば十分かと思っています。

今回はこの3つをご紹介します。

儲けるために必要なもの3つ

資金

当たり前だ!と言われそうですが、、、よく投資に関する特集などを見ると、「100万円を1年間でどれだけ増やせるか?」といったような企画を目にします。わかりやすい挑戦という意味でこれを否定するつもりはないのですが、株式投資にとって重要なのは、いかに継続して一定の資金を投入できるかです。

株式で値上がり利益を狙う上では最も安く購入することが重要ですが、果たして自分が購入したタイミングが最適だったのか、その未来は誰にもわかりません。もしかすると最も高値で購入してしまっているかもしれません。たった1回の購入だとその時点で運命が決まってしまうため、運の要素が上がってしまうのです。

購入タイミングによるリターンのばらつきをなくすにはどうすればよいかということですが、これは分散して資産を購入することに他なりません。そしてそれを可能にするには、一定の資金(安定した収入)なのです。

時間

専業トレーダーのように、パソコンの画面をいくつも並べて、1日中チャートを見ているような時間ではないですよ。ここでいう時間とは、株式投資をいつまで続けられるか、人生にとっての時間です。

資本主義経済は長期的に見れば右肩上がりになるよう設計されているため、長期で投資をすることで、プラスのリターンを得られる確率は上がっていくと言われています。また長期投資では、配当金再投資による複利の恩恵を受けやすいことから、株価の変動に左右されにくい安定した収入も見込めます。(もちろんそのためには、安定した配当を出せる安定した企業を選択することは必須です。)

時間というのは誰もが与えられているものですが、毎日平等に減っていくものでもあります。投資で利益を出したいのであれば、迷っている時間の方がもったいないですよ。現状の市場環境がどういう状態にしろ、今後が上か下かは誰にもわからないので、まずは一歩を踏み出すことをオススメします。

忍耐力

当初は資金と時間だけ、と書きたかったのですが、やはりメンタル面を無視するわけにもいきませんでした。3つ目の忍耐力とは日々変化する株価に一喜一憂したり、狼狽えて売却したりしないための強い精神力のことです。

前述の通り、資金と時間さえあれば長期的な視点で儲けを出すことは、さほど難しくありません。しかしながら、短期的に楽をしようとしてボラリティの高い投機(ギャンブル)に逃げたり、短期的な損で投資そのものをやめてしまう人は多いと思います。こういった人から、『やっぱり自分に投資は向いていなかった』というフレーズをよく耳にしますが、鵜呑みにしないようにしてください。我慢できるかどうかというのはあくまで自らの意思であり、向き不向きで片付けてしまうのはあまりにも安易な答えです。

まとめ

資金と時間と忍耐力。どれも特別なものではありません。

投資家は特別な知識やスキルを持っていると思われがちですが、大部分の人たちにはそんなものは備わっていないと思っています。みんな普通の人なのです。

株はゼロサムゲームではありません。誰かに勝つ必要はありませんので、自分のペースでコツコツ利益を積み上げていきましょう。

コメント