2018年12月末のFXの運用状況報告

ホーネットです。

株の方はひたすら暴落に耐えるのみ!ということで、今回はFXの運用状況について報告します。

現在のドル円状況について

先日まで114円代まで高騰したドル円相場ですが、現在は110.3円/ドルというところまで落ちてきています。ドルの10年債利回りの低下や、米国の景気減速懸念など要因は様々かと思いますが、世の中がリスクオフの動きになっていることは確かだと思います。(円は安全資産と言われており、リスクオフの際に買われやすい通貨となっています。)

一時110円を割るところまで急落した後、反発したのですが、またジリジリと円高が進んでいます。ボックス相場から一転、難しい相場になってしまいました。

ホーネットのポジションについて

私の現在のポジションですが、ミニ米ドルー円のロングを8ロット(8,000ドル分)抱えています。最高値のポジションが113円で、最安値のポジションが110.5円なので、、、まあそれなりの含み損です。

私は最初に5万円入金し、そこから追加投資せずにFXを続けていますが、含み損益をカウントすると、プラスマイナスゼロというところにまで来てしまいました。ロスカットされることはない(希望。。。)と思いますが、ポジションはもう増やせないですね。

スポンサーリンク

今後の展望と投資方針について

米国のリセッションが懸念されているものの、日米の金利差は依然として大きく、FXであれば大きなスワップ金利を得ることができます。リスクオフの動きで一時的に円高になっていますが、この金利差が継続する限り、ドルは強いと考えています。

つまり今は市場心理の悪化で下げすぎているだけで、いずれまた113円くらいまでは戻すと踏んでいます。

よって私は今のポジションをスワップ金利をもらいながらホールドし続けるつもりです。今の含み損ポジションもいずれ報われるでしょう。現在私のFX成績は31連勝中!まだまだ伸ばしまっせ!!

コメント