目標アセットをもとに投資計画を立てるぞ!

ホーネットです。

目標アセットアロケーションが決まりましたが、大事なのはここから!

目標アセットアロケーションを考える(債券編)
ホーネットです。前回は目標ポートフォリオの中の株式の内訳を決めました。市場規模を考慮すると、大部分が「米国株」という結論でしたけどね。今回は目標アセットアロケーションを決める上での最後の1つである、「債券」について考えていきたい...

今のアセットアロケーションの状況をしっかり認識し、そこからどのように目標に近づけるか。今回は今後の投資計画を立てていきたいと思います。

現状のアセット状況

現状の私のアセット(資産)状況は下記の通りです。(生活防衛資金は除いています。)

2018年5月に投資をスタートし、約8ヶ月のポートフォリオなので、まだまだキャッシュが多めです。さりげに債券(新興国)が入っていますが、これは最近トルコリラ建ての外貨MMFを購入したためです。

スポンサーリンク

さて、投資計画を立てましょう!

目標アセットアロケーションを改めて見てみましょう。

ほぼ全てのリスク資産の割合が足りてないですね。均等にかつ時間の分散効果も得ながら投資を進めていかないといけないので、それなりの時間がかかりそうです。といってもあまり長い時間をかけるのもアレなので、この目標への到達は今から5年後としたいと思います。ちなみに現在のポートフォリオ総額は約1,000万円です。

さて、具体的な金額の試算をしていきましょう。私のようなサラリーマンの場合、ポートフォリオの総額はどんどん増えていきます。給料から余裕資金がどんどん生まれてきますからね。この余裕資金の増額は、、、今のところ200万円/年というところですかね。そうすると5年後のポートフォリオ総額は約2,000万円になります。リスク資産はそのうち1,300万円が目標です。現在のリスク資産が約200万円なので、5年間で1,100万円分のリスク資産を増やす必要がありますね。もちろん値上がりや配当などで自動的に増えていく部分もありますので、毎年200万円をリスク資産に投じるくらいがちょうどよいでしょう。

スポンサーリンク

では、個別に見ていきましょう。

  • 5年後の日本株の評価額目標は140万円。現在+110万円程度です。ってことは20万円/年程度の買い増しになります。
  • 同様に米国株ですが、こちらは5年間で+755万円。150万円/年の買い増し。
  • さいごに債券(米国+新興国)は5年間で+260万円。50万円/年の買い増しです。

全て足すと220万円/年の買い増しになり、入金額を超えてしまっていますが、ここは値上がりによる評価額のアップもありますので、ある程度流動的に決めていきたいと思います。なお私は1回の買い増しを約10万円分(米ドルの場合は1,000ドル程度)と決めていますので、日本株は半年に1回。米国株は毎月。債券は2ヶ月に1回。くらいのペースで購入していきたいと思います。

 目標が定まると、また俄然やる気が出てきますね!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]